朝ごはんの後、お腹が重たく感じられるようになった

最近、少し胃が小さくなってきてしまったのか、ちょっとの量でお腹がいっぱいになるようになってしまいました。
それだけなら、食べすぎたりして太らずに済むと気軽に考えられるかもしれません。
でも、ちょっと心配に思ってしまうのは、それほど量のない朝食を食べた後に、お腹が重たく感じられることなんですよね。
私の朝食のメニューは、ここ数年同じような献立で、いつもほとんど変わりがありません。
トーストにハムエッグ、カップスープに、フルーツとヨーグルトです。
これだけのボリュームしか口にしていないのに、職場に向かうまでに、なんとなく食べすぎているような感じがしてしまいます。
昔は、大食いとまではいかないが、それでも一回の食事量はもっと多かったと思います。
最近では、一日三食をしっかり食べるかわりに、一度の食事量は少なくなったなという風に感じています。
こうしたライフスタイルの変化というのも、胃や消化器官に影響を与えたりするのかもしれませんね。