小林麻央様の乳がんのレポートでふたたび乳がん検診の大切さを知った

ほんとにびっくりしてショッキングな特ダネでした。
小林麻央くんは依然として33年代で、果たしてういういしい。しかも疾患は深刻なようで。
お子さんも未だに小さくて、俺にもまだまだちっちゃなキッズがカップルいるので、自分と重ね合わせて考えるパーツが多くありました。
乳がんと分かったときの麻央くんの本心、旦那さんの海老蔵くんの本心、お子さん二人の本心、考えるとミルクが塞がる望みだ。
海老蔵くんが会見で「男として、この状況を逃げも隠れもせず、堂々と受ける」とおっしゃっていました。こういう語学に大きな覚悟を感じました。
これからも果たして長く困難反抗になると思いますが、こういうおカップルならほとんどこういう難関を乗り切れると信じています。
そして俺は昨年、触診だけですが乳がん検診をはじめて受けました。触診中間は圧力しましたが、結果は可でした。でも今年はとっくに36年代なので、二時代に一度はマンモグラフィーとエコーによる診察を受けた方がいいようです。でもちっちゃなキッズがいたり、再度仕事をしているママさんたちは慌しいのでなんとなく自分の事を後回しにしてしまい傾向だから、検診を受けに行くのがちゃんとおっくうになる。託児があって、週末でもオッケーで、もっと無料で検診を受けれるような間とかがあればいいのにですね。
あと自分でお風呂で四六時中触診心がけるけど、いよいよしこりってどんな気配なんだろうって思います。語学で表現されていても、なんか伝わりづらくて。検診の時に、乳がんのしこりの触診標本を置いてもらって触らせてもらえるとセンスが分かって独りウォッチングの力添えになると思います。
とっても検診っていくのが苦痛に感じますが、他人事と思わず、ファミリーのためにも定期的に受けていきたいだ。http://www.fndg.co/acom/

今日は義父母がアパートに遊びに来ました。

今日は子供の顔を見に、義父母が遊びに来ました。お盆中は遊びに行っていたので、子供もつかれていたのか、あまり元気がありませんでした。なので、家の中で電車ごっこをしたりパーシーの乗り物で遊んだりして静かに過ごしました。子供はポテトフライが大好きなので、お土産に義父母がポテトフライを買ってきてくれました。あと、夏に食べるとおいしいナシや、リンゴジュースも買ってきてくれました。リンゴジュースはアンパンマンの絵が描いてあるので、アンパンマンの絵をみてすぐに飲みたいと言って飲みました。子供はいつもアンパンマンの絵を見ると食いつくので、あまりたくさんはあげないように気を付けながらあげました。水分はしっかりと取らないと子供は汗をたくさんかくので気を付けているのですが、あまり甘いものばかりあげても良くないようなので、気を付けています。お盆中はいろいろなところに行ったので、その反動で子供も疲れてしまったように思います。