冬の庭に今年はビオラの苗を植えてみました

寒い季節、あまり外に出たくはないのですが、それでもひとつだけ外に出る楽しみがあります。
それは、庭に植えてある花の様子を観察する事。これといった趣味もないのですが、少しだけ園芸をやっています。冬から春にかけて、庭の片隅に植えてある花を眺めるのが好きです。毎年違った花を植えていますが、今年はビオラを植えてみました。ホームセンターへ行ってなるべく安い苗を探していて見つけたものです。一苗70円ほど。4苗買って植えてみました。
ビオラのいい所は、あまり手間がかからず放任しておいても立派に成長する点でしょう。霜が降りる様な時期でも元気に育ち続けます。また、花の時期が長いので春まで楽しむことが出来ます。黄色、白、紫と,色のバリエーションがあるのも育てる楽しみのひとつです。
長い冬、どうしても庭が殺風景になりがちですが、そんな寂しさを紛らわせてくれそうなビオラを観察しながら、暖かな春の到来を待とうと思っている今日この頃です。

古いゲームをするかもしれないと思って取ってある古いテレビ

古いテレビ、捨てたらお金がかかるし、ゲーム用に残しているんだけど結局5年ぐらい使っていないわけである。同じように、98が使えるパソコンを捨てずに置いてあるのだが、やはり引き取ってもらうのにお金がかかるからであるし、なにかあったときにと置いているのだが永遠にそんなことはないのだろう。
ところで、使用の機会があるとして古いテレビにしろ、パソコンにしろ今使えるんだろうか?使ったとしても使用頻度は少ないし、多分電気代も非常にかかるしなにもいいことはないから単なるゴミでしかない。テレビも含めてこの手の電化製品が10台近くもあるんだよな、もちろん先ほどいったテレビとパソコン以外は、ノートパソコンがほとんどなのでそこまで場所はとらないが…。
ものを捨てられないのは、単なる貧乏性ということもあると思うが、新しく物が買えないだけじゃなく以前に捨てたとたんそれが必要になったって経験がどこか頭に入っているわけだと思う。キレイモ コース変更