時代によって需要などは変化するので仕方ないですね

山梨県韮崎市や北杜市などで9店舗のスーパーを営業してきた「やまと」が破産する事となりました。最近は他社との競争が激しくなり、限界を迎えてしまったようです。

実はなんと、やまとは大正元年創業なんですって。かなり長い歴史を誇る企業だったんですね。

このスーパーは地元密着経営を掲げていたそうで、販売者を走らせたりもしたそうです。こうした企業がなくなる事で近くに店舗もなく、移動手段もない年配の方などが買い物するのが困難になってしまうかもしれませんね。

しかしこのスーパーが自己破産に至ったのは経営手腕ももちろんあるでしょうが、それ以外にも選挙と同じように買い手側がそれを選択したとも言えます。なので無くなってしまうのは残念であっても、それは仕方のない事ですね。

負債は16億6900万円に上るという事です。社員やアルバイトの合わせて約170人の従業員も解雇されてしまいましたから地元を中心にかなり大きな影響を与える破産なのではないでしょうか。

多少は仕方ありませんけど色々と残念な話ですね。