小さいながらも確かな幸せを、味わったことについて。

女がめんつゆを使うなんて、という人がいると少し前に知りました。いまだにそんなことを言う人がいることに、驚きました。
めんつゆを使うことに異議を唱えるような人間は、幸い我が家にはおりません。
なぜなら、我が家には、虫がわいているような頭の持ち主がいないからです。
だいたい、だしをとれるくらい、たくさんのこんぶや鰹節を急には用意できないのです(威張って言う話でないですが)。
ある意味、合理的かもしれない我が家に、先日いとこがめんつゆをくれました。薄めて使うタイプです。
他のめんつゆがそうであるように、うどん、そばだけでなく、どんぶりものにも使えます。薄め方を変えれば美味しい料理ができたりします。
今日は、親がにゅうめんを作ってくれました。温かくて、庭でとれたばかりのねぎの香りもよくきいて、とても美味しかったです。
おまけに、わかめふりかけ入りのおむすびもとても美味しくて、小さいながらも確かな幸せをも味わいました。
こういう確かな幸せを、今後も大事に積み重ねていこうと思います。