【非常に強い勢力】台風21号が西日本を直撃

超大型台風21号が通り過ぎ、やっと日常の生活に戻りつつあります。
とにかく強い風で、大きな被害では関西空港の施設が浸水し、タンカーが強風に流され連絡橋に衝突したのは大きなニュースになりました。私の家の周りも木や物がとんで行ったり電線がぶら下がったり、かなりの被害をもたらしました。
そして何と行っても1番きつかったのが大規模停電でした。お昼過ぎから停電し、隣地区の私の実家は10分ほどで通電したので、すぐ電気がつくだろうと思いきや、待てど暮らせど回復しない。そして夜になって、これはダメだと懐中電灯を引っ張りだすも、こんな時に限って懐中電灯の電池がない・・。
wifiも繋がらないので、ゲームが出来ない携帯の動画が見れないと子供達が騒ぐ中、携帯電話のライトで明かりを確保、充電が切れたら終わりだ。
そして家はオール電化なので、これまた夕飯の準備ができない。旦那にスーパーにお弁当を買いに行ってもらいました。お惣菜とお弁当に人が押し寄せて大変だったらしいけど、何とか人数分のお弁当を購入。
台風のせいか猛暑は免れたけど、さすがにクーラーなしで寝るのはきつかったです。
結局翌朝の午前5時半に通電。いきなり電気がパッとついた時は叫んでいました。
こう言う時になって思うのがやはり災害に備える事の大切さですね。
早速ネットでランタンを注文しました。オール電化はガスコンロで代用できるとして、携帯の充電などの補助充電器も追加購入しました。
今年は雨に台風に災害が続いてるので、改めて意識を持って家族と防災対策を見直さなないといけないと痛感しました。

食事はささっと時短料理について勉強しています

私は料理をするのが好きなのですが、料理に時間をかけるのは、あまり好ましくありません。
他の事をする時間が確保できないし、かといって食事を摂取しないわけにはいかないし。

なので最近、私なりに時短料理にチャレンジしています。
そして、そこで大活躍するのが、電子レンジと、調味料です。

例えば最近覚えたのですが、かぼちゃのサラダは、以前はカボチャを切って、茹でて、潰して、味付けして、具を足して…と、細かい手順を踏んでいましたが、今はカボチャの綿をスプーンでくり抜いて、切らずにそのまま水で濡らし、袋に入れて8分間電子レンジにかけます。電子レンジが回っている間に、キュウリをスライスして適量の塩を振り揉んでおきます。8分経ったら電子レンジからカボチャを取り出し、袋に入れたまま、火傷に注意しながら手で潰します。適当に潰れたら、ボウルに取り出して塩もみしていたキュウリを加え、荒引きコショウと牛乳を加えて出来上がりです。

カボチャのサラダ10分で出来ます?

今日の出来事と予定の話をまとめてみました。

 今日は、朝起きて直ぐにまずはソーシャルゲームのレベル上げををやってログインしてそれから状態を観て今日はストレッチだけにして置きました。彼氏もやろうと意気込んでいたのですが私がまだ5日目で終わってないので今日は普通に走らずストレッチだけだよと伝えるとサウナスーツ下はパンティストッキングに着替えないのかと聞いてきたのでさすがにそれは無理だよといったらガックリ着てましたね。なんだコイツそれが楽しみだったのかと思い男はなんでいつもこういうことが好きなのだろうと呆れていました。ちょっといい加減にしろよと思いながら私は、朝からそれがしたいだけなら出てってくれと言ってもう出て行ってもらうことにしました。だって気持ち悪いし、それってただただやりたいだけになるだけじゃないですかそれはダメだと思います。あくまでも自分をしっかりと変えて生活を改善してそれからならわかりますがヤル目的では彼氏にできないですね。同棲して3日でもう彼氏と別れました。おまとめローン メリット

霊障に遭っているかも知れないから苦しいのかなぁ

霊障が出ているなんてことを話してもスピリチュアルとかその手の類の話を真っ向に信じない人はやっぱり信じないのでしょうね。
だから誰にでも話せるような話題ではないと思っているのですが、私は霊障とかそのような話は根拠があれば信じます。
私はずっとおなかが痛くて苦しんでおり、最近は殆ど横になってすごしているような常態です。
何も出来ない日々をすごし完全に駄目人間になりつつあります。
この私の状態が凄く悪いことなのですが、どうやら霊障でそのようになってしまっているらしいのです。
他の人には私の住んでいる家には霊はいないということを言われたのですが、そ うではな く仏壇の向きを変えた方が良いそうなのです。
あまりよくない向き方をしているということで私の体に悪影響が起きてしまっているということなのです。
なんだかびっくりするような話なのですが、話を聞きに行った祖父曰く彼女の元には沢山のお礼も届いていたらしいので本当に実力はある人なのかも知れませんよね。

「熊日30キロロードレースで林(青学大)が1秒差で劇的勝利」というニュースを見て

「熊本城マラソン2018の金栗記念第62回熊日30キロロードレース」この長いタイトルを持つレースが、今月18日、熊本市内で行われ、男子は林奎介(青学大・千葉県流山市出身)が初優勝した、というニュースを見ました。
林選手と言えば今年の箱根駅伝で、初出場で区間新記録を樹立し青学大の4連覇に貢献したヒーローですよね。何故に熊本のローカルなロードレースに出たのかしら、と不思議に思い調べてみました。
そして分かったのは、この謎を解く鍵は、レース名に冠された「金栗記念」にある、ということです。金栗記念のロードレースとは、日本マラソンの父と言われた金栗四三(かなくり・しそう)の功績を称えて、開催されているレースだそうです。
金栗は、熊本県玉名郡春富村(現・和水町)の出身。箱根駅伝の開催にも尽力し、青学大の林選手が今年受賞した箱根駅伝の最優秀選手賞は別名「金栗杯」と呼ばれています。こんな繋がりがあったのですね。これで、地元出身でもない林選手が、何故この熊本のレースに出場したのかの謎が解けました。
因みに、来年のNHK大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」の前半の主人公が、この金栗四三です。中村勘九郎さんが演じます。

容体が安定し良くなっているので、一安心です

2週間前から祖母の体調があまりよろしくなく、病院で見てもらったりしておりますが、容体も回復してきていて精神的にも安定しているので、一安心ではありますが、またいつ発作が起きるか分からないので警戒しているようにしております。先月は元気だったのですが、今月に入って体調不良を良く起こしていて、心配だったので病院に行ったら持病がでてしまっているようで医師から対応を受けた感じとなっています。

祖母は持病をいくつか持っていて、定期的には病院に行ったりしていたのだけど、最近はあまり行かなくなってしまったので医師からくるようにと念を押されておりました。今回の体調不良も突発的に起きた事であるので、祖母の体調が早く回復する事を願うばかりであります。血圧とかの乱れもあるので朝・晩と血圧測定をしつつ、結果をメモしておいてくれと医師から指示を受け毎日やっている感じとなっています。

とりあえずは、経過を報告するために細かな部分までしっかりと対応したいと思います。

小さいながらも確かな幸せを、味わったことについて。

女がめんつゆを使うなんて、という人がいると少し前に知りました。いまだにそんなことを言う人がいることに、驚きました。
めんつゆを使うことに異議を唱えるような人間は、幸い我が家にはおりません。
なぜなら、我が家には、虫がわいているような頭の持ち主がいないからです。
だいたい、だしをとれるくらい、たくさんのこんぶや鰹節を急には用意できないのです(威張って言う話でないですが)。
ある意味、合理的かもしれない我が家に、先日いとこがめんつゆをくれました。薄めて使うタイプです。
他のめんつゆがそうであるように、うどん、そばだけでなく、どんぶりものにも使えます。薄め方を変えれば美味しい料理ができたりします。
今日は、親がにゅうめんを作ってくれました。温かくて、庭でとれたばかりのねぎの香りもよくきいて、とても美味しかったです。
おまけに、わかめふりかけ入りのおむすびもとても美味しくて、小さいながらも確かな幸せをも味わいました。
こういう確かな幸せを、今後も大事に積み重ねていこうと思います。

DreamHack Summer Astralis vs SK 傾向

いやに不思議な反抗と言うか、SKがどんなに重要な風景で取りこぼさないかというのがかわいらしく極める反抗だった。
当初はSKがフラグではAstralisに完敗しながらもラウンドは圧倒するという逆な反抗が展開される。
SKのボムプラントまでは着実に食い止めるも、いざプラントされるとSKの固い守りに阻まれるという進展が続き当初0-6とSKが連取。
たまらず時刻圏外を取りはじめてラウンドを戻せるようになったAstralisだがAcilioNに4キルClutchをできるなど、前もって舞台では手強いSKに6-9と負け越す形で折り返した。
後半は一転してAstralisがラウンドを重ねる。SKも随所でビックプレーを繰り出し粘るが、device、Dupreehと続けてファインプレイを橋渡ししようやく12-11と逆転する。
完全に流れを奪い返し、16-12でなんとか勝利した。
負け戦はしたものの最後の最後までこだわりを見せるSKにAstralisは一目も気が抜けない反抗になっただろう。葉酸 ベルタ 市販

底地には色々と利点もありますが問題も多いです

底地は実際問題として、これによって利益を生み出すことができるようになります。つまりは、それだけよいことでもあります。そもそも利益の上がる土地の利用法となるのか、といえばそうでもないです。ちなみに底地というのは売ることもできます。借地権者がその借地権を売る、ということもできるでしょう。最低限、基本的に土地というのは持ち主が自由に使うことができるようになっていますが、そんなことはないのです。それが底地ということになります。しかし、貸せているということは確かでしょう。つまりは、そこから地代は入るのですが自由に使うことができない、その点は勘違いしないようにしておきましょう。自分の土地なのにお金を払って返してもらう、という話であり、権利関係としては複雑ですが、それでも貸せているというのは実際問題として決して悪いことではないでしょう。底地はないよりははるかによい、ということになりますからメリットになります。銀座カラー 予約 紙会員

時代によって需要などは変化するので仕方ないですね

山梨県韮崎市や北杜市などで9店舗のスーパーを営業してきた「やまと」が破産する事となりました。最近は他社との競争が激しくなり、限界を迎えてしまったようです。

実はなんと、やまとは大正元年創業なんですって。かなり長い歴史を誇る企業だったんですね。

このスーパーは地元密着経営を掲げていたそうで、販売者を走らせたりもしたそうです。こうした企業がなくなる事で近くに店舗もなく、移動手段もない年配の方などが買い物するのが困難になってしまうかもしれませんね。

しかしこのスーパーが自己破産に至ったのは経営手腕ももちろんあるでしょうが、それ以外にも選挙と同じように買い手側がそれを選択したとも言えます。なので無くなってしまうのは残念であっても、それは仕方のない事ですね。

負債は16億6900万円に上るという事です。社員やアルバイトの合わせて約170人の従業員も解雇されてしまいましたから地元を中心にかなり大きな影響を与える破産なのではないでしょうか。

多少は仕方ありませんけど色々と残念な話ですね。